同級生が故郷(福岡)で落語会!

今日も胸を張って、元気よく!!
福岡市議会議員の田中しんすけです。

午前中は市政相談を2件、その後は平尾事務所でホームページの打合せをみっちり2時間。田中しんすけホームページを全面リニューアルするに当たり、その仕様とコンテンツについて議論しました。

午後からも高校同窓会の幹事会、夕方からは労働団体との意見交換会などがあり、かなりタフな一日でしたが、本日のメインイベントは上記写真にある「故郷で落語会」でした。

田中しんすけの西南学院中学校時代の同級生の一人に落語家がいます。
名前を「桂そうば」といい、彼は現在大阪を中心に活動しているのですが、定期的に福岡に凱旋帰郷してこのように落語会を開催しています。実は中学校時代は同じ野球部に所属していたということもあり、彼が福岡で落語会を開催するときは大抵参加しています。

今回の落語会の会場は福岡市民センター。
回を重ねるごとに会場が大きくなっているのは、彼の活動を支える人が年々増えてきている証左でもあります。本当に素晴らしい!(^^)
しかし、落語家の所作や間の取り方、声の調子の変え方など、同じ喋りを生業とする(?)ものとしては非常に勉強になります。今後の演説のヒントにさせてもらいます!


田中慎介


カテゴリー: 政治活動

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Top