春の議員インターンシップ2015が終了!

今日も胸を張って、元気よく!!
福岡市議会議員の田中しんすけです。

2月1日から始まった、田中しんすけ事務所における議員インターンシップ。
第16期生を迎えた今回も本日をもって終了しました。

議員インターンシップとは、NPO法人ドットジェイピーが提供しているプログラムで、大学生が春休み(2月~3月)と夏休み(8月~9月)の期間に政治家の事務所に研修生として張り付き、様々な活動を体験するというもの。田中しんすけ事務所では今期も3人の大学生を受け入れ、議会傍聴や政策提言、街頭演説や支援者訪問、地域防犯パトロールやサークル活動への参加など、インターン生には朝から晩までほぼ毎日事務所に来てもらい、それこそ「寝る間も惜しんで」もらってたくさんの活動に携わってもらいました。
11086048_832168953529255_981883750_n
とりわけ、インターン生が期間中に大半の時間を割いて取り組んだのがプランナー(政策研究)。
田中事務所の場合は「福岡市に対する実現可能性の高い政策提案を行なう」という高いハードルが与えられるわけですが、今期のインターン生が選んだ題材は「障がい者の就労支援施策の充実」というものでした。まずは福岡市における障がい者(および障がい者施策)の実態を把握し、課題を抽出、その課題を解決するための具体的な提案を行なうというもので、本日はその発表会が開催されたところです。
※上記写真は、予選での発表を終えたインターン生のホッとした様子です。

今回のインターンシップは4月に選挙を控えていることもあり、田中がなかなか指導にあたることができませんでしたが、その穴を埋めてくれたのが歴代のインターンを経験した学生たち(いわゆる「インターン卒業生」)。彼らインターン卒業生も、とりわけ政策研究発表会の直前の3月末は夜遅くまで事務所に残って指導にあたってくれました。田中しんすけ事務所では、2か月間のインターンシップが終わってもそれで縁が切れるわけでなく、卒業生たちは半年後にはこのようにインターン生に「指導する」立場で議員インターンシップに参画するのがある種の伝統になっています。今回のインターンシップでは、彼らインターン卒業生に本当に助けられました^^;

なお、田中しんすけ事務所で実施している議員インターンシップの様子は、下記の動画からその一端を垣間見ることができます。
お時間がある際に是非ご覧ください!(^^)v

内容はこの春に田中しんすけ事務所で議員インターンシップを経験した3人の学生たちの奮闘記。
この2か月間、彼らは何を考え、感じながらインターンシップに臨んでいたのか、その一端が垣間見られるドキュメンタリー動画です。
個人的には、ラスト5秒が我が事務所のインターンシップを象徴するシーンだと思います(笑)


田中慎介


カテゴリー: 政治活動, 学生・インターン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Top