政治スクール「青政塾2015」が開講!

?今日も胸を張って、元気よく!!
福岡市議会議員の田中しんすけです。


民主党福岡県連青年委員会が主催する政治スクール「青政塾」
5月5日から6日の2日間にわたり、第1回目の講義が開催されました。

この政治スクールは、様々な視点から「政治とは」を考え、地域で活躍する人材の育成を目指す民主党福岡県連独自の事業です。
昨年度は田中しんすけが塾長を務めた経緯もあり、この青政塾については一方ならぬ思い入れもあります。

平成27年度の青政塾は、若い大学生を中心に14名の受講生が参加。
記念すべき第1回講座はサンピア福岡@福津市を会場とした一泊研修で幕を開けました。
image
※上記写真は、開講にあたり受講生に挨拶する大久保無我・北九州市議会議員。
→今年度の青年委員長であり、青政塾の塾長でもあります!

冒頭では党県連代表代行として城井たかし・元衆議院議員が県連代表挨拶を。
そのごあいさつの中で「政治と向き合う5つの心構え」というお話があったのですが、
①見えるものを疑え
②人を見て法を説け
③できない言い訳よりできる工夫を
④裏付けある意見を
⑤求められるワクワク感
という、それぞれに我が身を振り返っても納得できるポイントをご紹介いただきました。
→田中も上記の点を改めて意識しながら日々の活動に取り組んでいきます。

image
今年の青政塾のカリキュラムの特徴として、「インプットをアウトプットできる場の提供」が挙げられます。
この一年間を通じて全部で5回の講座が予定されていますが、それぞれの講座において前半は講師による講義(インプットの場)、後半はグループワークやワールドカフェ形式による討論(アウトプットの場)を意識的に設けることにより、講義内容の定着が進むのではないかと思います。
※上記写真は、前段の講義(人口減少社会に直面する日本)を聞いたうえで、「人口減少が進めば、その後どのような現象が起こるか?」という点についてワールドカフェ形式で討論している受講生の様子です。

image
さらに、各グループで議論を交わした後は、全参加者に向けて発表する場も設けられています。
人前で自分の意見を述べたり、議論の結果や過程を報告するといった作法は、これからの人生の中で数多く求められることでもあります。
今回の青政塾に参加している若い学生のみなさんには、各講座を受け持つ政治家(国会議員から地方議員まで)や有識者(大学教授やその道の専門家)から多くの知識や考え方を学んだうえで、自身のこれからの生き方や人生選択に活かしてもらいたいものです!
※上記写真は、この春に田中しんすけ事務所で議員インターンシップを経験した大学生の発表の様子です。


田中慎介


カテゴリー: 政治活動, 民進党

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Top