消防ポンプ操法にかける思い!

今日も胸を張って、元気よく!!
福岡市議会議員の田中しんすけです。

先週末のイベントですが、早朝から福岡市消防局と警固分団の有志と合同でポンプ操法・規律訓練が行われました。
image
福岡市消防団が実施しているポンプ操法とは、正式名称は「小型可搬ポンプ操法と呼びます。
設置された防火水槽から、給水し、火災現場を意識した火点(かてん)と呼ばれる的にめがけて放水し、撤収するまでの一連の手順を演じるものです。

全国規模で大会(郡市大会・都道府県大会・全国大会)が行われ、ポンプ・ホースなどの操作を速く正確に行うとともに、動きの綺麗さを競います。防火水槽・火点の位置、台詞、動きがあらかじめ決められていて、採点は各個動作の正確さ及び火点の的が倒れるまでのタイムなどが減点法で採点され、減点が少ないチームほど上位となる仕組みです。

福岡市では毎年9月に全市的な消防ポンプ操法大会が開催されているのですが、今年は中央消防団からは警固分団が出場することが決まっており、田中しんすけも選手としてノミネートされています。

中央消防団の名に懸けて、中途半端な演技は許されません。
今のうちからしっかりと練習に励みます!

田中慎介


カテゴリー: 地域活動, 消防団

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Top