放水訓練が始まりました!(消防団ポンプ操法訓練)

今日も胸を張って、元気よく!!
福岡市議会議員の田中しんすけです。

5月末から現在まで、毎週月・水・金の夜は消防団ポンプ操法訓練に勤しんでおります。
夕方18時には家を出て、練習が終わって帰宅するのは23時前後。
ある意味、規則正しい生活リズムを刻んでいます。

今月に入ってから練習場所も伊崎漁港から荒津石油基地跡(通称:三菱跡地)に移り、規律訓練やホース延長などに取り組んでいます。
これら訓練に加えて今夜からは、実際に水を使っての放水訓練がいよいよ始まりました。
image
※放水訓練に突入するということで、いつも以上に気合が入ります!

「放水時は集中しろ!」
とは、消防団活動に携わっていると常日頃から言われていることです。
消火時に見られる放水風景、傍から見ると平然と水を出しているように感じるかもしれませんが、実はものすごい圧力がかかっているのです。
この水圧を最小限にするために、ホースを火点まで伸ばす際に、様々なポイント(余分ホースの広げ方、放水姿勢、筒先の開き方など)に気を付けなければならないわけです。

夜間における放水は初めての経験でしたが、いつも以上の集中力や日頃の筋力トレーニング、また指導員のみなさんのアドバイスのおかげで、無事に放水を実施することが出来ました(^^)!
いや、本当に嬉しいことです(^^)v!
image
※写真はいつも装備しているヘルメットに手袋とサポーター。

消防団ポンプ操法大会は、来月8月23日。
残り1ヶ月と半分の期間ですが、これまで以上に気を引き締めて臨みたいと思います!


田中慎介


カテゴリー: 地域活動, 消防団

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Top