今こそ商店街による情報提供を!(2020年4月15日)

今日も胸を張って、元気よく‼
福岡市議会議員の
田中しんすけです。

私が所属している平尾商工連合会では、福岡県による自粛要請を受けて、会員店舗さん向けに「新型コロナウイルス対策に関する支援策情報について」という資料集を配布しています。国・県・市で議論されている経営支援策の内容や適用条件、その相談窓口などをまとめたものです。
お届けした情報が、会員さんにとってあらゆる面で少しでもプラスになれば幸いです。

平尾のまちは比較的飲食店が多く、特に大通りでは夜でもお店の明かりと人で賑わっていました。
しかし、緊急事態宣言以降は営業を自粛する飲食店舗が増え、午後8時を過ぎると人通りがほとんど無い状況となっています。
※恐らく市内の多くが同じような光景ではないかと思いますが…

私も役員の一人としてこれら資料を配布していますが、行く先々で会員店舗さんの窮状を目の当たりにしています。日中でも既に休業を決断される店舗さんもあります。
 
訪問先では、資料の中身に関すること以外にも、
「国の助成制度の使い勝手をよくして欲しい」
「設備業界は数ヶ月後に深刻な状況になる」
「相談窓口に電話してもなかなか繋がらない」
「保証協会による審査が長く融資の実行まで時間が掛かる」
「とにかく人が動いていない。どの業種も厳しいことを認識して欲しい」
等々、今日だけでも多くの声を頂きました。

いつもよりも一軒一軒でお話しする時間が長く、すべての会員さんを訪問することが出来ませんでした。
明日も引き続き資料配布です。

 

田中慎介


Top