選挙に関わる仕事シリーズ「投票立会人」(2022年7月10日)


今日も胸を張って、元気よく‼
福岡市議会議員の田中しんすけです。

18日間にわたる参議院議員選挙も終わり、本日は投票日です。誰に投票するかでどのような政治が行われるかが決まる、それが選挙であり、その意思表示を行うための選挙権(投票権)です。
さて、田中しんすけは本日、いつもと違う投票日を過ごしました。それは、投票所での投票事務を見守る「投票立会人」という仕事に就いたことです。

これは投票日当日だけの役割で、選挙管理委員会が主に地域の方にお願いしている仕事なのですが、平尾校区で町内会長を務めていることからこの度お鉢が回ってきたという感じです。
某投票所で詰めていましたが、見ていると色々と勉強になることが多かったです。
「選挙区投票用紙で比例代表に投票しようとする」
「選挙区投票が終わってそのまま帰ろうとする」
「投票所を間違える」
「投票済み証明書を求める人が結構いる」
などなど。

参院選の投票は、本日20時まで。
投票がお済みでない皆さん、お急ぎください!

※写真は途中立ち寄った宇賀神社。7/31にはここで夏越祭が行われます。