独自支援策(第2弾)が発表されました!(2020年5月1日)

今日も胸を張って、元気よく‼
福岡市議会議員の
田中しんすけです。

本日の午後、福岡市は新型コロナウイルス感染症対策にかかる追加支援策を発表しました。
緊急事態宣言の5月末までの延長を受けて、新たな支援策が講じられた格好です。

第1弾の独自支援策と比べて、支援を受けられる事業者や取り組みの範囲も拡大。
とりわけ、新規の支援策のうち、
・飲食店へのテイクアウト支援
・休業要請対象外の業種への支援
・保護者が感染した子どもへの支援
はこれまでも強く要請していた内容であり、今回の第2弾で実現しました(^^)

本日発表された支援策の概要について、以下に記します。

—–
(1)休業・時短店舗への家賃支援【拡充】
⇒これまでの4月分の家賃「1店舗あたり最大50万円(補助率4/5)」に加えて、5月分についても「1店舗あたり最大30万円(補助率4/5)」を新たに助成する。

(2)休業要請対象外の事業者への支援【新規!】
⇒これまで休業要請の対象ではなかった業種(日用品販売・理美容・整骨院・クリーニング等)について、売上が30%以上減少していることを条件として、一律で法人15万円、個人事業主10万円を新たに助成する。

(3)デリバリー利用促進に対する支援【延長】
⇒1回1,000円以上の電子決済での利用で、500円分のポイントもしくはクーポンを還元する対象期間を5/31まで延長する。

(4)飲食店へのテイクアウト支援【新規!】
⇒テイクアウトに取り組む飲食店に対して、割引などの特典を付けてもらうことを条件に、1店舗あたり10万円を助成する。

(5)文化・エンタメ活動への支援【対象拡大】
⇒アーティストやイベント関連事業者に対して、ウェブ配信動画の制作に関する費用として1事業者あたり10万円、1作品につき最大50万円を助成する。

(6)医療・介護従事者応援基金の創設【新規!】
⇒ふるさと納税制度も活用して「ありがとう基金(仮称)」を創設して、医療介護従事者に対する支援を行なう。

(7)介護者が感染した際の要介護者の支援【新規!】
⇒在宅において介護者が感染し、入院する必要がある場合、自宅に残された要介護者の高齢者・障がい者を支援するホームヘルプ事業所等に対して、要介護者1名につき15万円を支給する。

(8)ペットの緊急預かり支援【新規!】
⇒飼い主が感染し、飼育が困難になった犬猫を対象に、福岡市動物愛護管理センターでの預かりを行なう。

(9)保護者が感染した子どもの支援【新規!】
⇒保護者が感染し、他に養育する人がいない場合、その子どもを「えがお館(こども総合相談センター)」において一時的な預かりを行なう。
—–

なお、財源については、財政調整基金およびこれまでの事業の見直しで合計約45億円の規模になることが見込まれています。

新たな独自支援策が発表されたことで、5月中にも議会が招集され、補正予算案の審議がなされることは必至の情勢です。
議会での論戦に向けて準備を進めていきます。

※地元でも、新たにテイクアウトを始める飲食店さんが増えています!

 

田中慎介


Top