指定都市行財政問題懇談会に出席!

今日も胸を張って、元気よく‼
福岡市議会議員の田中しんすけです。

本日は、大都市税財政制度確立推進協議会(⇒名前が長いですがw)のメンバーとして、税制・財政制度に関する要望を行なうために民進党本部を訪問しました。
この「大都市税財政制度確立推進協議会」とは、福岡市議会議員20名で構成されている任意の協議機関で、その名の通り「」を研究するために設置されています。

その中で、政令指定都市の実態に即した税制の在り方や財政課題について、毎年一度、国会議員に直接要望するという活動があるのですが、昨年に引き続き今年も田中しんすけが(福岡市議会の民進党を代表して)党本部に行ってまいりました(”◇”)ゞ
img_0274
※党本部で地方議員の要請に応える国会議員団

各政令指定都市の民進党所属地方議員が集まり、各都市共通の要望の他に、各自の出身都市の特徴を踏まえての制度拡充や財政措置などについて要望しました。

各政令市に共通する税財政制度に関する要望としては、
①消費・流通課税の充実【税制】
②個人住民税の充実【税制】
③法人住民税の充実【税制】
④固定資産税の暗転的確保【税制】
⑤定額課税の見直し【税制】
⑥税負担軽減措置等の整理合理化【税制】
⑦国庫補助負担金の超過負担の解消【財政】
⑧地方債の借り入れ条件等の改善と補償金免除繰り上げ償還の実施【財政】
以上の7項目について平成29年度は取り上げました。

また、福岡市政に関する個別の要望としては、
〇博多港の機能強化(クルーズおよびコンテナ物流への対応)
〇福岡空港の平行誘導路および滑走路増設
〇都心部(天神・博多)における民間資金誘導に向けた制度創設
について要望しました。

我が党の国会議員のみなさんにおいては、本日の政令市議会議員による税財政要望を踏まえて国会審議に臨んでいただければと思います!


田中慎介


カテゴリー: 議会活動, 福岡市議会
Top