学校再開!~教育環境の充実に向けて~(2020年6月2日)

今日も胸を張って、元気よく‼
福岡市議会議員の
田中しんすけです。

暦も6月になり、福岡市では昨日から市立小中学校の全員登校が始まりました。
徹底した感染予防策の実施が不可欠ですが、同時に「子どもの学びの保障」という視点からの学習支援策の強化も求められています。

そこで、福岡市教育委員会は「子どもの学びの保障」に向けて以下の通り新たな取組みを発表しました。

—–
①加配教員の追加配置
⇒小学校5・6年生について少人数(35人学級)による授業を実施

②少人数編成授業に伴う空調整備
⇒現在使用していない普通教室へエアコンを設置

③学習支援のための学習指導員派遣事業
⇒子どもの学習保障のために指導員を派遣

④GIGAスクール構想推進事業(児童生徒1人1台のタブレット端末整備)の前倒し
⇒中学3年生は9月から、他の学年も12月から利用できるよう整備
—–
※詳細は福岡市教育委員会ホームページをご覧ください。

いずれも6/15から始まる6月定例会に補正予算案として提案されるとのこと。
特に5・6年生における少人数学級は、長年会派として要望してきたことでもあります。
引き続き、より良い教育環境の整備に向けて発言していきます!

 

田中慎介


Top