【動画】中央区の魅力発見!発信!~平尾校区編~(2019年3月10日)

今日も胸を張って、元気よく‼
福岡市議会議員の
田中しんすけです。

田中しんすけが送る「動画で配信!田中しんすけ」シリーズ。
第2弾は「中央区の魅力発見!発信!」です。

中央区内の14校区を回り、その校区の特徴や歴史、魅力をお届けする動画です。
第1回目は、私の地元である平尾校区をご紹介しています。
※撮影地は「平尾山荘公園」です!

=====
■校区の特徴

・校区の人口は24,224人、世帯数は14,148世帯(H27現在)
 ⇒中央区内で最も人口が多い校区!
・平尾、浄水通、平尾浄水町、御所ヶ谷、平丘町、古小烏、伊福町、薬院の一部を含むエリア。
・都心に近く、中心部は緑豊かな丘陵地で、東は西鉄大牟田線、北は城南線、西は動物園、南は筑肥新道(旧国鉄筑肥線)に囲まれた地域で、山荘通りと高宮通りのバス路線に沿って商店などが並んでいるが、全体的に閑静な住宅地。
・薬院から動植物園に向かう浄水通りの名前の由来は、大正12年に福岡市に上水道が完成した時に平尾山に浄水池が設けられたことによるもの。
・また、校区内には山荘公園に隣接し、勤王の志士で女流歌人としても知られる野村望東尼の住居跡であった史跡「平尾山荘」がある。
・平尾小学校は、中央区の中でも最も児童数が多い(1,000人以上)
⇒近年は薬院4丁目にあったメルパルクホールや九州エネルギー館があった跡地(今年度末に九電体育館も閉館)に大規模なマンション建設が進み、更なる人口増加が見込まれている。

■魅力アップに向けた今後の展望
①山荘通りの歩道拡幅
第1工区(平尾~平尾5丁目東)については土地の買収も完了し、いよいよ目に見えて道路整備が始まります。電柱の地下埋設、ベンチの設置、広告バナーの掲示など、校区自治会や平尾商工連合会と連携しながら歩きたくなる通り、賑わいあるストリートとなるよう取り組みます!

②平尾消防出張所の複合整備
計量検査所が移転し、その跡地に新たに消防出張所が整備される。平尾駅前という一等地を活かして、ランドマークとなるような建物となるよう、また、地域コミュニティの拠点機能を付加した複合施設としての整備を要望していきます。

③平尾中学校の体育館改築
生徒数の増加により、学校行事や部活動に支障をきたしている中学校体育館。PTAの方々と連携しながら、早期の改築を実現したい。できれば、温もり感じられる木造の体育館となるよう力を尽くしていきます!
=====

今後は他の13校区についても魅力を発信していきます。
乞うご期待!

 

田中慎介


Top